PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブラックベリーも着々・・・。

IMG_7067_1.jpg
ブラックベリーは着々と色付いてきています。
でも、いちごは2~3日ほどで実の全体が赤く染まるけど、ブラックベリーは
前の記事から二週間近く経つのにまだまだこんな感じです。
かなりのスローペースです。名前の通り、もっと黒くなるはずだけど。

でも茎が凄く伸びて鉢が小さすぎるので大きい鉢に植え替えてやらないと。
鉢が小さいから実がなかなか色付かないのかなぁ?


それから今日(あ、またもう昨日だ)、犬の散歩に公園へ出かけると、
公園の大きな木や色んな植物の植えられた茂みの方から、
何やら茶色い小さなものが車道の方へヨロヨロと出てきます。
「え?ゴキブリ?・・・いや、蝉の抜け殻?抜け殻が動いてる!」

この後、虫の画像が出てきます。平気な方は続きをどうぞ・・・。


拍手ありがとうございます♪


蝉の抜け殻だと思ったのは、抜け殻ではなく、まだ成虫になる前の蝉の幼虫でした。
うちの周りは公園に囲まれていて、これからの季節朝は蝉の鳴き声で起こされるほど
驚異的な数の蝉とぬけがらを見かけるのですが、殻を脱ぐ前の動いてる幼虫を見るのは
私は初めてだったので、驚いたというか、ちょっと感激しました。

でも、このまま歩いて行くと、車に轢かれるか、人に踏まれるか、カラスにでもやられる。
茂みの中戻すか、出来れば木の幹にとまらせてやりたい。
でも、いくらオバサンとて女子でございます。素手で蝉の幼虫を掴むというのは
やはり苦手(^^;)・・・どうしよう、誰か、誰か助けてくれないかなぁ?
(同じマンションの小3の女の子が来たけど、やっぱり無理で・・・。)

120714_1812~02
と、思っていると、また同じマンションの今度は女子中学生が二人帰ってきて、
うちの犬を見かけて立ち止まってくれました。おお!救世主(?)現る♪
事情を話し(でもやっぱり女子とオバサンは掴むことが出来ず)小枝などで幼虫を
茂みの方に誘導してました。
幼虫もかなり疲れてる様子で、小枝を自力で掴む力もないようなので
小枝二本箸使い作戦などを駆使し、途中、茂みにやっと入れたと思ったら
女子「きゃぁ!トカゲ!」
私「ギョエ~~~!!!」(私の手の先にトカゲがいたらしいけど
認識する前に跳んで逃げた。トカゲなんぞも普段見んよぉ)などありつつも
何とか茂みの中へ誘導しました。

女子「でも、蟻がいっぱいいるからやられちゃうかも」
私「ほんまやねぇ、どうしよう。よし、これ(犬散歩バッグ)に乗せて
木まで持って行こう」でも、途中で転げて落ちたり、犬が踏みそうになったり
やいのやいの言ってたら、片方の女子が「私、勇気出して持ってみる!!」
もう片方の女子、オバサン「おおおおおぉぉぉ~~~!!!」羨望の眼差し☆
その子は、すっと幼虫を掴むと、優しく茂みの中の大きな木に
とまらせてやったのでした。すばらし~~~!!(*T∇T*)//~☆

120714_1824~01
幼虫は、頼りない足取りではあるけれど、一歩一歩高い所へ登って行きました。
これで一安心♪長い長い土の中の生活からやっと出て来たんだもんなぁ。
無事に成虫になって元気に残りの七日間を過ごすんだよ。

私「どうもありがとう!ごめんね~、足留めして。助かったよ~♪」
女子たち「いえいえ、さようなら~☆」
じめじめ鬱陶しい空気の中で、ちょっぴり気持ちのいい時間が流れていった
梅雨の夕暮れでありました(*^^*)

スポンサーサイト

| 草花、ベランダガーデニング | 00:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kinunoito.blog15.fc2.com/tb.php/209-794dba6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。